テーマ:土曜訪問

【土曜訪問】  生活史から社会見る エッセー集に熱い支持 岸政彦さん(社会学者)

【土曜訪問】 生活史から社会見る エッセー集に熱い支持 岸政彦さん(社会学者) 東京新聞2016年2月20日 http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/doyou/CK2016022002000246.html  「この本は書店さんも置き場所に困ったみたいで、棚は『文芸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生い立ちから新解釈 再び信長の謎に迫る 津本陽さん(作家) (東京新聞2013年2月9日 土曜訪問)

【土曜訪問】 生い立ちから新解釈 再び信長の謎に迫る 津本陽さん(作家) 東京新聞2013年2月9日  ミリオンセラーになった『下天は夢か』(全四巻、一九八九年)から二十四年、作家の津本陽さん(83)が再び織田信長の実像に迫る大作『信長影絵』(文芸春秋)を刊行した。 「信長影絵」 津本陽著(文藝春秋 1,99…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳月の重みを描く  「善き人」のつながりテーマに 宮本輝さん(作家)…新刊『水のかたち』(集英社)

【土曜訪問】 歳月の重みを描く  「善き人」のつながりテーマに 宮本輝さん(作家) 東京新聞2012年11月17日  東京の下町で夫や息子、娘と暮らす主婦、能勢志乃子。ある日、志乃子は近所の古い喫茶店で年代ものの文机と茶わん、そして手文庫をもらい受ける。その茶わんは後日、三千万円もの価値があると判明。志乃子はそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性の葛藤浮き彫り  新刊『かわいそうだね?』にデビュー10年の実り 綿矢りささん(作家)

【土曜訪問】 女性の葛藤浮き彫り  新刊にデビュー10年の実り 綿矢りささん(作家) 東京新聞2011年10月29日 http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/doyou/CK2011102902000171.html  「もっとぽんぽん本を出せたらよかったんですけど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more