テーマ:書籍・書評

「ブッダの最期のことば」田上太秀著(NHK出版 1575円)

「ブッダの最期のことば」田上太秀著(NHK出版 1575円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年8月16日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/144050 <ブッダの遺言から安穏な生き方を学ぶ> 「世間は諸行無常のゆえに怠けるな」。これは、仏教の開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「法服の王国(上・下)」黒木亮著(産経新聞出版 各1890円)

「法服の王国(上・下)」黒木亮著(産経新聞出版 各1890円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年8月23日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/144175 <戦後日本の司法界のリアルな生態>  昭和40年代、石川県から上京し浪人生だった妹尾猛史は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ栄える国と貧しい国があるのかを簡潔な理論で説明した本 『国家はなぜ衰退するのか(上・下)』

なぜ栄える国と貧しい国があるのかを簡潔な理論で説明した本 NEWSポストセブン2013.08.09 16:00 http://www.news-postseven.com/archives/20130809_203815.html 『国家はなぜ衰退するのか(上・下)』ダロン・アセモグル、ジェイムズ・A・ロビンソン著、鬼澤忍訳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦前の日本男性が喜んで受け取ったとされる赤紙を書いた本… 『戦争とたたかう』 水島朝穂著

戦前の日本男性が喜んで受け取ったとされる赤紙を書いた本 NEWSポストセブン2013.08.08 16:00  戦前の日本の戦争映画によく赤紙が来る場面がある。そうすると赤紙、つまり召集令状を渡す側は「おめでとうございます」といい、受け取る側は「ありがとうございます」と答える。そして「お国のために戦って来ます」と笑顔でいい、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「戦争とたたかう 憲法学者・久田栄正のルソン戦体験」水島朝穂著(岩波書店 1,491円)

「戦争とたたかう 憲法学者・久田栄正のルソン戦体験」(岩波現代文庫)水島朝穂著(岩波書店 1,491円) 戦争とたたかう――憲法学者・久田栄正のルソン戦体験 (岩波現代文庫)岩波書店 水島 朝穂 Amazonアソシエイト by 戦争とたたかう [ 水島朝穂 ]楽天ブックス 憲法学者・久田栄正のルソン戦体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「慶喜のカリスマ」野口武彦著(講談社 2625円)

「慶喜のカリスマ」野口武彦著(講談社 2625円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月26日 掲載 <激動期に生きた将軍慶喜の悲喜劇>  幕末・維新の変革期に生きた江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜。西郷隆盛のように今の時代にも関心を呼ぶ人物ではなく、その評価も時代の流れに敗北した者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「レンズが撮らえた 幕末日本の城」小沢健志・三浦正幸監修、來本雅之編著(山川出版社 1890円)

「レンズが撮らえた 幕末日本の城」小沢健志・三浦正幸監修、來本雅之編著(山川出版社 1890円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月25日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/143634 <古写真で探訪する日本の名城> 「レンズが撮らえた幕末日本の城 永久保存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世界の王室 うんちく大全」八幡和郎著(平凡社 924円)

「世界の王室 うんちく大全」八幡和郎著(平凡社 924円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月25日 掲載 <エンペラーは日本の天皇だけ>  君主の肩書で一番多いのは〈キング〉だが、実はそう名乗れるのはローマ教会から許された者だけだという。一方、〈エンペラー〉は今や絶滅危惧種で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世界は宗教で動いてる」橋爪大三郎著(光文社 798円)

「世界は宗教で動いてる」橋爪大三郎著(光文社 798円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月23日 掲載 <宗教を知らずして渡れないグローバルビジネス社会>  日本人として生まれ国内で生活していると、宗教について考える機会は少ないが、グローバルビジネス社会となった今、宗教を理解し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「TPP 黒い条約」中野剛志編 (集英社 798円)…日米同盟はアメリカ主導の「日本改造計画」の道具

「TPP 黒い条約」中野剛志編 (集英社 798円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月22日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/143561 <日米同盟はアメリカ主導の「日本改造計画」の道具>  根強いTPP反対論――。わけても近ごろ目立つのが陰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「季節、気候、気象を味方にする生き方」石川勝敏著(産学社 1470円)…男の性欲は天気に左右される!

「季節、気候、気象を味方にする生き方」石川勝敏著(産学社 1470円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月22日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/143562 <男の性欲は天気に左右される!?> 「気温28度以上、湿度80%以上になると、痴漢が増える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「桜庭一樹短編集」桜庭一樹著 (文藝春秋 1365円)

「桜庭一樹短編集」桜庭一樹著 (文藝春秋 1365円) . 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月19日 掲載 <テイストの違う6短編でつむぐ桜庭ワールド>  ライトノベル、ジュブナイル、ホラー、ゴシック、ミステリー、純文学と、ジャンルをまたぎ越して読者を楽しませてくれる著者だが、本書収録の6つの短編に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「考えすぎた人 お笑い哲学者列伝」清水義範著 (新潮社 1680円)

「考えすぎた人お笑い哲学者列伝」清水義範著 (新潮社 1680円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月19日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/143518 <デカルトら哲学者のヘンな生態への素朴な疑問>  ソクラテス、プラトン、アリストテレス、デカル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コミック版 どくとるマンボウ昆虫記」北杜夫著(小学館 1260円)

「どくとるマンボウ昆虫記」北杜夫著(小学館 1260円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月19日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/143519 <手塚プロによる「コミック版 どくとるマンボウ」が登場>  故・北杜夫の代表作「どくとるマンボウ」シリーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『眠れないほど面白い「古事記」』由良弥生著(三笠書房 630円)

『眠れないほど面白い「古事記」』由良弥生著(三笠書房 630円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月16日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/143446 <「古事記」のドラマを再現>  日本最古の書である「古事記」に描かれた神々や歴代天皇のドラマを大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「桜がなくなる日」岩槻邦男著(平凡社 798円)

「桜がなくなる日」岩槻邦男著(平凡社 798円) . 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月17日 掲載 <植物の多くも絶滅の危機>  日本人が愛してやまない「桜」を手掛かりに、生物多様性の大切さを説く自然科学の本。  パンダやトキなど、絶滅危惧種の動物に関する話題はニュースで頻繁に取り上げられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「漁師の角度 完全増補改訂版」竹谷隆之著 (講談社 4200円)

「漁師の角度 完全増補改訂版」竹谷隆之著 (講談社 4200円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月4日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/143258 <竹谷ワールドが詰まった土着SFストーリー> 「漁師の角度 完全増補改訂版」竹谷隆之著 (講談社 4200円)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『「逃げる大根」 フォトBOOK』根菜農家うめまま著 (三笠書房 630円)

『「逃げる大根」 フォトBOOK』根菜農家うめまま著 (三笠書房 630円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月9日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/143337 <擬人化した野菜たちの物語> 『「逃げる大根」 フォトBOOK』根菜農家うめまま著 (三笠書房 63…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「からだの中の外界 腸のふしぎ」上野川修一著(講談社 903円)

「からだの中の外界 腸のふしぎ」上野川修一著(講談社 903円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月10日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/143356 <腸は第2の脳> 「からだの中の外界 腸のふしぎ」上野川修一著(講談社 903円) . 食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「こうすれば老後は大丈夫」津田倫男著 (竹書房 850円)

「こうすれば老後は大丈夫」津田倫男著 (竹書房 850円) . 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月8日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/143317 「こうすれば老後は大丈夫」津田倫男著 (竹書房 850円) こうすれば老後は大丈夫 (竹書房新書)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「性欲の研究」井上章一編 (平凡社 1890円)

「性欲の研究」井上章一編 (平凡社 1890円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年6月29日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/143176 <日中韓の性事情100年> 「性欲の研究 エロティック・アジア」井上章一著(平凡社 1,890円) 性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「小泉武夫のミラクル食文化論」小泉武夫著 (亜紀書房 1680円)

「小泉武夫のミラクル食文化論」小泉武夫著 (亜紀書房 1680円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年5月15日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/142375 <小泉流食文化講座>  450万年前に誕生した人類の祖先は、主にアリやコオロギなどの虫を食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神科医として拘置所で死刑囚と向き合った加賀乙彦の自伝 (週刊ポスト2013年5月17日号)

精神科医として拘置所で死刑囚と向き合った加賀乙彦の自伝 NEWSポストセブン2013.05.08 16:00 http://www.news-postseven.com/archives/20130508_185606.html 【書評】 『加賀乙彦 自伝』加賀乙彦著(発行・ホーム社、発売・集英社 2100円) 『加賀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「騙されたがる人たち CD付き」大山眞人著 (講談社 1575円) <「騙されたがる心」に警告>

「騙されたがる人たち CD付き」大山眞人著 (講談社 1575円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年4月24日 掲載 <「騙されたがる心」に警告>  悪徳商法や詐欺事件などの被害事例を紹介しながら、騙される被害者の問題点を浮き彫りにした犯罪被害予防本。  何を隠そう、これまでメディアや講演会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「職場を襲う『新型うつ』」NHK取材班編著』(文藝春秋 1365円)

「職場を襲う『新型うつ』」NHK取材班編著』(文藝春秋 1365円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年4月22日 掲載 <“新型うつ”という社会問題を考える>  NHK取材班編著「職場を襲う『新型うつ』」(文藝春秋 1365円)は、昨年放送されて反響を呼んだ番組「NHKスペシャル」の単行本化。新型う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「内臓とこころ」三木成夫著 (河出書房新社 819円) <心の起源を明かす名著>

「内臓とこころ」三木成夫著 (河出書房新社 819円) . 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年4月23日 掲載 <心の起源を明かす名著>  解剖学者が心の起源を解き明かした名著の復刻。  解剖学的には、手足や脳は目や耳の感覚器官と一緒に「体壁系」と呼ぶという。魚をさばいたときに、はらわたを取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「医者の世話にならない生きかた」渥美和彦著 (ダイヤモンド社 1470円)

「医者の世話にならない生きかた」渥美和彦著 (ダイヤモンド社 1470円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年4月25日 掲載 <「病気を治す」より「患者を救え」>  心臓外科医の著者は、患者を救うために走り続けてきたが、最先端の医療だけでは患者を救えないと気づく。人間の体は一人一人違うので、〈万人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『奔放なる江戸「春画」の世界』加藤光男監修(宝島社 1365円) <江戸の性愛文化をのぞき見る>

『奔放なる江戸「春画」の世界』加藤光男監修(宝島社 1365円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年4月25日 掲載 <江戸の性愛文化をのぞき見る> 「奔放なる江戸「春画」の世界」加藤光男監修(宝島社 1,365円) 本書は「春画」を題材に、祭りの夜の乱交、レズ、変態、最強四十八手などなど、江戸時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「この世は落語」中野翠著(筑摩書房 1575円)

「この世は落語」中野翠著(筑摩書房 1575円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年4月19日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/142032 <愚かで愛らしい人間を表現した落語の魅力>  毎晩、落語のCDを聴きながら寝るのが20年来の習慣になっているという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more