テーマ:政治経済

「世界を戦争に導くグローバリズム」(集英社新書)中野剛志著(集英社 820円税込)

「世界を戦争に導くグローバリズム」(集英社新書)中野剛志著(集英社 820円税込) 米国の世界覇権が終焉する。それは皮肉にも自ら主導したグローバル化の帰結であり、実は第二次大戦前の国際秩序の崩壊もグローバル化のせいだった。緊張高まる国際情勢、覇権戦争の危機を描く衝撃作! 世界を戦争に導くグローバリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鉄道政策 鉄道への公的関与について」盛山正仁著(創英社 3,024円税込)

「鉄道政策 鉄道への公的関与について」盛山正仁著(創英社 3,024円税込) 鉄道政策 鉄道への公的関与について創英社/三省堂書店 盛山 正仁 Amazonアソシエイト by 鉄道政策 [ 盛山正仁 ]楽天ブックス 鉄道への公的関与について 盛山正仁 創英社(三省堂書店)発行年月:2014年04月 ペー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日銀はいつからスーパーマンになったのか」北野一著(講談社 1,470円)

「日銀はいつからスーパーマンになったのか」北野一著(講談社 1,470円) 日銀はいつからスーパーマンになったのか講談社 北野 一 Amazonアソシエイト by 日銀はいつからスーパーマンになったのか [ 北野一 ]楽天ブックス 北野一 講談社発行年月:2014年02月07日 予約締切日:2014年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新・帝国主義時代を生き抜くインテリジェンス勉強法」佐藤優、荒井和夫著(講談社 1,470円)

「新・帝国主義時代を生き抜くインテリジェンス勉強法」佐藤優、荒井和夫著(講談社 1,470円) 安倍総理の靖国参拝、韓国の告げ口外交、人民解放軍が暴走する中国、そしてアベノミクスの行く末……2014年の日本はいったいどうなる? 自分を取り巻く目には見えない動きを重ね合わせて、真実を見抜き、未来の大きな変化を見極める─…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「図解!お客には言えない儲けのカラクリ」(ナガオカ文庫) 洞口勝人著(永岡書店 609円)

「図解!お客には言えない儲けのカラクリ 原価がわかれば利益が見えてくる」(ナガオカ文庫) 洞口勝人著(永岡書店 609円) 利益を出すためには、あの手この手のカラクリが隠されている。「儲けるための基本のキホン」「業界別に儲けを出すためのくふう」「最新版!身の回りの商品別に儲けを出すための秘訣」などを図解でわかりやくす解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激安の“270円均一居酒屋” ここまで安くなぜ潰れないのか…『図解!お客には言えない儲けのカラクリ』

激安の“270円均一居酒屋” ここまで安くなぜ潰れないのか NEWSポストセブン2013.01.12 07:00  世の中には「どうして潰れないのか」と疑問になる価格やサービスを展開しながらも、着実に利益を出し、成長拡大しているビジネスがある。  最近、繁華街に急増しているのが、『金の蔵Jr.』や『鳥貴族』といった「270…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本でいちばんいい県 都道府県別幸福度ランキング」寺島実郎監修、日本総合研究所編(東洋経済新報社)

「日本でいちばんいい県 都道府県別幸福度ランキング」寺島実郎監修、一般財団法人日本総合研究所編(東洋経済新報社 1890円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年1月7日 掲載 <日本47都道府県「幸福度ランキング」1位は長野県> 「日本でいちばんいい県都道府県別幸福度ランキング」 日本総合研究所編、寺島実郎監修(東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ツイッターを持った橋下徹は小泉純一郎を超える」真柄昭宏著(講談社 1050円)

「ツイッターを持った橋下徹は小泉純一郎を超える」真柄昭宏著(講談社 1050円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年1月7日 掲載 <「メモをとらない」など小泉・橋下の3つの共通点>  小泉路線の継承をイメージ戦略に掲げたハシモト維新。その特徴は小泉流のワンフレーズ型メッセージを、はやりのSNSで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

櫻井よしこが中国の持つ野望や数々の偽りについて解説した本 『中国に立ち向かう覚悟』(小学館)

櫻井よしこが中国の持つ野望や数々の偽りについて解説した本 ZAKZAK2013.01.07 16:00 【書籍紹介】『中国に立ち向かう覚悟』(櫻井よしこ/小学館/1575円) 中国に立ち向かう覚悟: 日本の未来を拓く地政学小学館 櫻井 よしこ Amazonアソシエイト by 中国に立ち向かう覚悟 [ 櫻井よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゾンビ経済学」ジョン・クイギン著、山形浩生訳 (筑摩書房 2730円)

「ゾンビ経済学」ジョン・クイギン著、山形浩生訳 (筑摩書房 2730円) . 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年1月4日 掲載 <民営化は社会的純便益をもたらさない!?>  2008年の世界金融危機は、経済学会で主流とされてきた5つの経済思想に“NO”を突き付けた。ところが、多くの経済学者たちはこれを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年のココが知りたい…外務省出身ベストセラー著者 孫崎享氏に聞く

【2013年のココが知りたい】外務省出身ベストセラー著者 孫崎享氏に聞く 【政治・経済】 日刊ゲンダイ2012年12月29日 掲載 東アジアの今後はどうなる 習新体制の中国と再選オバマ米国  オバマ再選の米国、習近平体制スタートの中国、安倍政権が誕生の日本。米、中、日の関係はどう動くのか。元外務省…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マイナンバーがやってくる」森田朗監修(日経BP社 1890円)

「マイナンバーがやってくる」森田朗監修(日経BP社 1890円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年11月26日 掲載 <マイナスバー制度導入で何がどう変わるか>  政府が2015年1月からの運用を目指すマイナンバー制度。森田朗監修「マイナンバーがやってくる」(日経BP社 1800円)では、導入の意義から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「通貨戦争」ジェームズ・リカーズ著、藤井清美訳 (朝日新聞出版 2100円)

「通貨戦争」ジェームズ・リカーズ著、藤井清美訳 (朝日新聞出版 2100円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年10月15日 掲載 <兵器を使わず、相手国の経済を直接たたく戦争へ> 「通貨戦争 崩壊への最悪シナリオが動き出した!」 ジェームズ・リカーズ著、 藤井清美訳(朝日新聞出版 2,100円) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本、買います」平野秀樹著」(平野秀樹著 新潮社1470円)

「日本、買います」平野秀樹著」(平野秀樹著 新潮社1470円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年10月12日 掲載 <日本国土の50%、東京の79%に地籍がない!> 「日本、買います: 消えていく日本の国土」平野 秀樹著(新潮社 998円) 私たちの足元=この国の「土地」は、ここまでとんでもない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫崎 享のTwitter…すごい国だ。日本は。一晩で10万人殺した人に勲一等あげるのだから。

孫崎 享のTwitter 孫崎 享‏@magosaki_ukeru 2012年9月21日(金) 米国への隷属:栗原敏雄著「勲章」:「米航空部隊司令官ルメイ指揮で最も知られているのが1945年3月10日の東京大空襲。一晩で10万人死亡。64年勲1等旭日大勲章。航空自衛隊の育成などの功績。決定時の首相は佐藤栄作。」す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「銀行が超!衰退産業になったワケ」永野良佑著(扶桑社 840円)

「銀行が超!衰退産業になったワケ」永野良佑著(扶桑社 840円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年9月11日 掲載 <企業の将来性を分析するノウハウなし> 「銀行が超!衰退産業になったワケ」 永野良佑著(扶桑社 840円) 銀行が超! 衰退産業になったワケ扶桑社 永野 良佑 Amazonアソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ロシア極東ハンドブック」堀内賢志他編著」(東洋書店 3360円)

「ロシア極東ハンドブック」堀内賢志他編著」(東洋書店 3360円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年9月10日 掲載 <経済開発が進む“お隣”ロシア極東が分かる本>  先週、ロシアの極東にあるウラジオストクで、APEC首脳会議が開催された。ロシアは近年、長らく“放置”してきた極東地域に巨額の国家予算を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「政治の修羅場」鈴木宗男著(文藝春秋 809円)…小沢一郎は「男の美学」が邪魔している

「政治の修羅場」鈴木宗男著(文藝春秋 809円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年8月7日 掲載 <小沢一郎は「男の美学」が邪魔している> 「政治の修羅場」(文春新書) 鈴木宗男著(文藝春秋 809円) 田中角栄、中川一郎、小沢一郎らの知られざるエピソードから、政治家たちの素顔、暗闘、人事、カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「戦後史の正体 1945-2012」(「戦後再発見」双書)孫崎享著(創元社 1,575円)

「戦後史の正体 1945-2012」(「戦後再発見」双書)孫崎享著(創元社 1,575円) 日本の戦後史は、アメリカからの圧力を前提に考察しなければ、その本質が見えてこない。元外務省・国際情報局長という日本のインテリジェンス(諜報)部門のトップで、「日本の外務省が生んだ唯一の国家戦略家」と呼ばれる著者が、これまでのタブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「電通と原発報道 巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしく」 本間龍著(亜紀書房)

「電通と原発報道 巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしく」 本間龍著(亜紀書房 1,575円) 東電269億円、電事連加盟10社866億円(2010年度)。完全独占企業が莫大な資金を「普及開発関係費」として投じてきた理由はなにか。博報堂元社員が巨大広告主-大手広告代理店-メディアの強固な絆を明らかにする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「政治の修羅場」(文春新書)鈴木宗男著(文藝春秋 809円)

「政治の修羅場」(文春新書)鈴木宗男著(文藝春秋 809円) 田中角栄、中川一郎、小沢一郎らの知られざるエピソードから、政治家たちの素顔、暗闘、人事、カネまで「永田町の論理」を語り尽くす。 政治の修羅場 (文春新書)文藝春秋 鈴木 宗男 Amazonアソシエイト by 政治の修羅場楽天ブックス …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊 上杉 隆 …消費増税法案、原発再稼働さえ白紙の可能性も  小沢新党が狙う「内閣不信任案提出」

DIAMONDonline2012年7月5日 週刊上杉 隆 【第5回】 消費増税法案、原発再稼働さえ白紙の可能性も 小沢新党が狙う「内閣不信任案提出」  来週、(7月11日)にも小沢新党が発足する。今回のコラムではかつては本業であったが、今となっては久しぶりとなる政局記事を書いてみようと思う。  先週来、筆者は仮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「環境省の大罪」杉本裕明著(PHP研究所 1890円)…震災処理の進まぬ元凶は?

「環境省の大罪」杉本裕明著(PHP研究所 1890円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年6月27日 掲載 <震災処理の進まぬ元凶は?> 「環境省の大罪」 杉本裕明著(PHP研究所 1,890円) . 環境省の大罪PHP研究所 杉本 裕明 Amazonアソシエイト by 環境省の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著者インタビュー…「橋本徹はなぜ大阪で独裁政治ができるのか?」(ヨシモトブックス 1400円)

【著者インタビュー】 「橋本徹はなぜ大阪で独裁政治ができるのか?」(ヨシモトブックス 1400円) 西川のりお氏 【書籍・書評】 Share 日刊ゲンダイ2012年6月27日 掲載 <芸能界きっての政治好きの対談集> 橋下徹はなぜ大阪で独裁政治ができるのか? (ヨシモトブックス)ワニブックス 西川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『「Gゼロ」後の世界 主導国なき時代の勝者はだれか』 イアン・ブレマー著(日本経済新聞出版社)

『「Gゼロ」後の世界 主導国なき時代の勝者はだれか』 イアン・ブレマー著、北沢格訳(日本経済新聞出版社 2,520円) . 「Gゼロ」後の世界―主導国なき時代の勝者はだれか日本経済新聞出版社 イアン・ブレマー Amazonアソシエイト by G7は重要性を失い、G20は機能していない・・・。われわれは、主導国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スタートアップ!」 リード・ホフマン、ベン・カスノーカ著(日経BP社 1,680円)

「スタートアップ! シリコンバレー流成功する自己実現の秘訣」 リード・ホフマン、ベン・カスノーカ著(日経BP社 1,680円) スタートアップ! ― シリコンバレー流成功する自己実現の秘訣日経BP社 リード・ホフマン Amazonアソシエイト by LinkedIn創業者でありZyngaやDiggなど100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与謝野元財務相、胃腸不良で採決欠席…「全身がん政治家」 与謝野馨さんの体調が心配

与謝野元財務相、胃腸不良で採決欠席 ZAKZAK2012.06.26 . . 与謝野馨元財務相  与謝野馨元財務相は、26日の衆院本会議に欠席した。20日に、胃腸の不良を訴え都内の病院に入院しており、体調の回復を優先させた。昨年1月の菅直人第2次改造内閣で経済財政担当相に起用され、同年6月には法案の原案となる社会保障と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京新聞2012年6月18日社説…週のはじめに考える ネット時代の「青い鳥」

【社説】 週のはじめに考える ネット時代の「青い鳥」 東京新聞2012年6月18日  若い世代を中心に「希望論」「幸福論」が盛んです。東日本大震災の影響もありますが、「失われた二十年」を経て、青い鳥探しが本格化しています。  「十分な収入が得られるか」-約83%の若者が不安に思っています。「仕事」「景気」「老後の年金」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア通記者が露大統領再登板のプーチンの実像を記した本…「独裁者プーチン」名越健郎著(文藝春秋)

http://www.news-postseven.com/archives/20120610_114437.html ロシア通記者が露大統領再登板のプーチンの実像を記した本 NEWSポストセブン2012.06.10 07:00 【書籍紹介】 『独裁者プーチン』(名越健郎/文春新書/861円)  今年3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在日外国人を罵るネット愛国集団「在特会」の内実に迫った書<…「ネットと愛国」安田浩一著(講談社)

在日外国人を罵るネット愛国集団「在特会」の内実に迫った書 NEWSポストセブン2012.06.02 07:01 【書籍紹介】 『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』(安田浩一/講談社/1785円)  在特会とは「在日特権を許さない市民の会」。差別的な言葉で在日外国人らを罵り示威行動に出る集団だ。もとはネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more