「死者が立ち止まる場所 日本人の死生観」 マリー・ムツキ・モケット著(晶文社 2,700円税込)

「死者が立ち止まる場所 日本人の死生観」 マリー・ムツキ・モケット著(晶文社 2,700円(税込)


画像


【内容情報】(出版社より)
日本人の母とアメリカ人の父の間に生まれた著者は、子どものときから母とともに日本各地を旅していた。父をなくし、その喪失から立ち直ることができずにいたとき、海の向こうで東日本大震災が起きた。
人はどのように死者を送り、親しい人の死を受け入れていくのか。仏教は答えをくれるのか? 
被災地をはじめ、永平寺、高野山、恐山などをめぐり、盆踊り、精霊流し、お盆の行事などを訪ね歩きながら、著者は少しずつ心の折り合いをつけていく。
ふたつの祖国をもつ著者の、死をめぐる日本文化論であり、日本旅行記でもある。

序章 
1.大災害
2.寺
3.お別れ
4 冬の悪魔
5 春爛漫
6 日本列島の仏陀
7 ともに座して
8 ともに食して
9 小さなプリンセス
10 原子の分離
11 死者のゆくえ
12 あの世
13 夏の訪問者
14 霊との告別
15 秋の紅葉
16 盲目の霊媒
17 ダース・ベイダー
18 あの世からのメッセージ
謝辞
訳者あとがき


死者が立ち止まる場所: 日本人の死生観
晶文社
マリー・ムツキ モケット

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死者が立ち止まる場所: 日本人の死生観 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



死者が立ち止まる場所 [ マリー・ムツキ・モケット ]
楽天ブックス
日本人の死生観 マリー・ムツキ・モケット 高月園子 晶文社発行年月:2016年01月22日 ページ数


楽天市場 by 死者が立ち止まる場所 [ マリー・ムツキ・モケット ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


基本情報
発売日: 2016年01月22日頃
著者/編集: マリー・ムツキ・モケット, 高月園子
出版社: 晶文社
サイズ: 単行本
ページ数: 371p
ISBNコード: 9784794969149

【内容情報】
日本人の母とアメリカ人の父の間に生まれた著者は、子どものときから母とともに日本各地を旅していた。父をなくし、その喪失から立ち直ることができずにいたとき、海の向こうで東日本大震災が起きた。人はどのように死者を送り、親しい人の死を受け入れていくのか。仏教は答えをくれるのか?被災地をはじめ、永平寺、高野山、恐山などをめぐり、盆踊り、灯篭流し、お盆の行事などを訪ね歩きながら、著者は少しずつ心の折り合いをつけていく。ふたつの祖国をもつ著者の、死をめぐる日本文化論であり、日本旅行記でもある。

【目次】
大災害

お別れ
冬の悪魔
春爛漫
日本列島の仏陀
ともに座して
ともに食して
小さなプリンセス
原子の分離
死者のゆくえ
あの世
夏の訪問者
霊との告別
秋の紅葉
盲目の霊媒
ダース・ベイダー
あの世からのメッセージ

【著者情報】
モケット,マリー・ムツキ(Mockett,Marie Mutsuki)(モケット,マリームツキ)
日本人の母とアメリカ人の父の間に生まれ、カリフォルニアで育つ。コロンビア大学を卒業後、作家として活躍している

高月園子(タカツキソノコ)
翻訳者・エッセイスト。東京女子大学文理学部史学科卒業。在英25年

"「死者が立ち止まる場所 日本人の死生観」 マリー・ムツキ・モケット著(晶文社 2,700円税込)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント