「1★9★3★7」 辺見庸著(金曜日 2,484円税込)

「1★9★3★7」 辺見庸著(金曜日 2,484円税込)


画像


記憶の墓をあばけ!

ニッポンジンはなにをし、なにをしなかったのか?
おどろくべき「獣性」と「慈愛」をつないだ天皇。閉じられた記憶の棺をこじあけたら、
おどりでてきたものとは?歴史にわだかまる大いなる恥と責任を体内深くに問い、
「1★9★3★7(イクミナ)」から今日まで、連綿とつづく「ニッポンの妖気」を射る
――戦後思想史上、最大の問題作!


1★9★3★7(イクミナ)
金曜日
辺見 庸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1★9★3★7(イクミナ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



1★9★3★7 [ 辺見庸 ]
楽天ブックス
辺見庸 金曜日発行年月:2015年10月 ページ数:381p サイズ:単行本 ISBN:978486


楽天市場 by 1★9★3★7 [ 辺見庸 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


基本情報
発売日: 2015年10月
著者/編集: 辺見庸
出版社: 金曜日
サイズ: 単行本
ページ数: 381p
ISBNコード: 9784865720068

【内容情報】
ニッポンジンはなにをし、なにをしなかったのか?おどろくべき「獣性」と「慈愛」をつないだ天皇。閉じられた記憶の棺をこじあけたら、おどりでてきたものとは?歴史にわだかまる大いなる恥と責任を体内深くに問い、「1★9★3★7」から今日まで、連綿とつづく「ニッポンの妖気」を射る。戦後思想史上、最大の問題作!

【目次】
いま記憶の「墓をあばく」ことについて
序章 よみがえる亡霊
第1章 屍体のスペクタクル
第2章 非道徳的道徳国家の所業
第3章 かき消えた「なぜ?」
第4章 静謐と癇症
第5章 ファシストと「脂瞼」
第6章 過去のなかの未来
第7章 コノオドロクベキジタイハナニヲ?
終章 未来に過去がやってくる

【著者情報】
辺見庸(ヘンミヨウ)
1944年宮城県石巻市生まれ。70年、共同通信社入社。北京特派員、ハノイ支局長、外信部次長、編集委員などを経て、96年退社。78年、中国報道で日本新聞協会賞、87年、中国から国外退去処分を受ける。91年、小説『自動起床装置』(文藝春秋刊、文春文庫、新風舎文庫)で芥川賞、94年、『もの食う人びと』(共同通信社刊、角川文庫)で講談社ノンフィクション賞、2011年、詩文集『生首』(毎日新聞社)で中原中也賞、2012年、詩集『眼の海』(毎日新聞社)で高見順賞を受賞

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント