「戦争と革命と暴力 平和なき時代の世界地図」 宮崎学, 佐藤優著(祥伝社 1,404円税込)

「戦争と革命と暴力 平和なき時代の世界地図」 宮崎学(評論家), 佐藤優著(祥伝社 1,404円税込)


画像


平和なき時代の世界地図 戦争と革命と暴力
祥伝社
佐藤 優

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平和なき時代の世界地図 戦争と革命と暴力 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



戦争と革命と暴力 [ 宮崎学(評論家) ]
楽天ブックス
平和なき時代の世界地図 宮崎学(評論家) 佐藤優 祥伝社発行年月:2015年09月19日 予約締切日


楽天市場 by 戦争と革命と暴力 [ 宮崎学(評論家) ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



商品基本情報
発売日: 2015年09月19日頃
著者/編集: 宮崎学(評論家), 佐藤優
出版社: 祥伝社
サイズ: 単行本
ページ数: 203p
ISBNコード: 9784396615376

【内容情報】
「イスラム国」の殲滅戦は「革マルVS中核」に通じる!核兵器が拡散してゆく世界を生きる私たちは、今こそ暴力革命の歴史を知らなければならない。

【目次】
1 世界革命か、世界戦争かーイスラムの動乱から予見される「核兵器の時代」というシナリオ
日本は「戦争」に加担してきた
2015年の世界情勢をどう読むか
ウクライナ問題で浮上する「イスラム国」 ほか
2 戦後日本の革命前夜ー占領期から東西冷戦 共産党と新左翼の“暴力革命”を読む
目的としての世界革命
旧ソ連と「イスラム国」の共通点とは
生きている世界革命論 ほか
3 もう一つの革命ーバブルが変容させた日本は、これからどこへ向かうのか
バブルの日本、映画館跡地の地上げに向かう
アベノミクスと土地バブルの共通点
紙袋に現金1億円 ほか

【著者情報】
宮崎学(ミヤザキマナブ)
1945年、京都府生まれ。早稲田大学中退。早稲田大学在学中は学生運動に没頭し、共産党系ゲバルト部隊隊長として名を馳せる。週刊誌記者を経て実家の建築解体業を継ぐが倒産。半生を綴った『突破者』で衝撃デビューを果たし、以後旺盛な執筆・言論活動を続ける

佐藤優(サトウマサル)
作家、元外務省主任分析官。1960年、東京都生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了後、85年、外務省入省。在英日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館勤務等を経て、本省国際情報局分析第一課主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害罪で逮捕・起訴され、512日間勾留される。09年に最高裁で上告棄却、執行猶予付有罪確定。13年6月に執行猶予期間満了






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント