「異端の人間学」(幻冬舎新書) 五木寛之, 佐藤優著(幻冬舎 842円税込)

「異端の人間学」(幻冬舎新書) 五木寛之, 佐藤優著(幻冬舎 842円税込)


画像


野蛮で残酷、時に繊細で芸術に過剰なまでの情熱を傾けるロシア人。日本と近く、欧米に憧れて近代化してきたという似通った過去も持つ。だが私達は、隣国の本性を知っていると言えるのか。欧米中心のヘゲモニーが崩れつつある今、世界はロシアが鍵の一つを再び握った。ロシアを知り理解し得なければ、今後日本は生き残れない。一九六〇年代からソ連・ロシアと深く関わってきた二人の作家が、文学、政治経済、宗教他あらゆる角度からロシアを分析。人間とは、国家とは、歴史とは、そして日本人とは何かを浮き彫りにしたスリリングな知の対論。
●ソ連崩壊が新自由主義を生んだ
●詩人が尊敬される国
●有名なモロゾフ財閥が、ロシア正教の異端の〝分離派〟だった、その意味
●ドストエフスキーの講演を聞いて逐一どよめき、滂沱の涙を流すロシア人

●日本のロシア研究の双璧、満州のハルビン学院と大同学院。
この二校の出身者が、戦後の日本で果たした重要な役割とは


異端の人間学 (幻冬舎新書)
幻冬舎
五木 寛之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 異端の人間学 (幻冬舎新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



異端の人間学 [ 五木寛之 ]
楽天ブックス
幻冬舎新書 五木寛之 佐藤優 幻冬舎発行年月:2015年08月 ページ数:186p サイズ:新書 I


楽天市場 by 異端の人間学 [ 五木寛之 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年08月
著者/編集: 五木寛之, 佐藤優
出版社: 幻冬舎
サイズ: 新書
ページ数: 186p
ISBNコード: 9784344983885

【内容情報】
野蛮で残酷、時に繊細で芸術に過剰なまでの情熱を傾けるロシア人。日本と近く、欧米に憧れて近代化してきたという似通った過去も持つ。だが私達は、隣国の本性を知っていると言えるのか。欧米中心のヘゲモニーが崩れつつある今、世界はロシアが鍵の一つを再び握った。ロシアを知り理解し得なければ、今後日本は生き残れない。一九六〇年代からソ連・ロシアと深く関わってきた二人の作家が、文学、政治経済、宗教他あらゆる角度からロシアを分析。人間とは、国家とは、歴史とは、そして日本人とは何かを浮き彫りにしたスリリングな知の対論。

【目次】
第1部 人間を見よ
本質をつかめなくなった日本人
ロシアに対する愛憎二筋 ほか
第2部 見えない世界の力
「ナ・ウクライーネ」と「ヴ・ウクライーネ」の違い
ウクライナ危機のポイントはガリツィア地方にある ほか
第3部 詩人が尊敬される国
ロシアは教師であり脅威でもあった
「識詩率」が高いロシア ほか
第4部 学ぶべきもの、学ぶべき人
人生の師を持てるか
廣松渉のエンターテインメント性 ほか

【著者情報】
五木寛之(イツキヒロユキ)
1932年福岡県生まれ。生後まもなく朝鮮にわたり47年引き揚げ。52年早稲田大学露文科入学。57年中退後、PR誌編集者、作詞家、ルポライターなどを経て、66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で直木賞、76年『青春の門筑豊篇』ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年、菊池寛賞を受賞

佐藤優(サトウマサル)
1960年生まれ。作家・元外務省主任分析官。同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在露日本大使館勤務等を経て、国際情報局分析第一課主任分析官として活躍。2002年背任等の容疑で逮捕、09年上告棄却で懲役二年六カ月(執行猶予四年)の判決が確定。13年に執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失う。『国家の罠』(毎日出版文化賞特別賞受賞)、『自壊する帝国』(新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞)、など著書多数

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント