「幻の東京オリンピック 1940年大会招致から返上まで」橋本一夫著(講談社 1,036円税込)

「幻の東京オリンピック 1940年大会招致から返上まで」 (講談社学術文庫) 橋本一夫著(講談社 1,036円税込)


画像


東京がオリンピック招致に成功したのは、今回の2020年で実は3回目である。1940年(昭和15年)に開催が予定されていた第12回オリンピック東京大会は、開催都市が自ら大会を返上した史上唯一のケースとなり、「幻のオリンピック」と呼ばれることとなった。

日本国内でも当初から「皇紀2600年記念」の国家行事として構想されたこの大会は、激しい誘致合戦に勝つためのヒトラーやムソリーニとの取り引き、満洲事変と国連脱退に対する厳しい国際世論、拡大する日中戦争のなかで起こり始めるボイコットの動きなど、最初から戦争と政治に振り回されていた。また、開催しても「満州国」は参加できるのか、天皇の開会宣言は可能なのか、など問題山積みのまま、準備は遅れに遅れていた。そんななか、招致に尽力したIOC委員・副島道正は、あえて「返上やむなし」と腹を決めるーー。

関東大震災からの復興をアピールし、名乗りを上げてからわずか5年で招致に成功しながら、返上に追い込まれるまでの経緯と関係者の苦闘を、長くスポーツ報道に携わった著者が描き出す。

『幻の東京オリンピック』(1994年・日本放送出版協会刊)の文庫化。

第一章 オリンピックを東京にー市長永田秀次郎の夢
紀元二千六百年を記念して/腰の重い体育協会/ロサンゼルスの青い空/満州国は参加できるのか/ムソリーニの好意/オスロ総会の舞台裏

第二章 招致実現に向けてーヒトラーも協力
ベルリン大会を前に/IOC会長の変心/東京招致に成功/ナチス・オリンピック/日本選手団騒動

第三章 戦火ただようなかでー問題山積の開催準備
難航した組織委員会の発足/テレビ中継をめざして/メーンスタジアムはどこに/日中戦争勃発/対立と苦悩の組織委員会/四面楚歌のカイロ総会

第四章 オリンピックの火は消えたーついに大会を返上
雄大な聖火リレー計画/着工できない競技場/東京大会ボイコットへ/国策に敗れたオリンピック/空白の祝祭

学術文庫版のあとがき





幻の東京オリンピック [ 橋本一夫 ]
楽天ブックス
1940年大会招致から返上まで 講談社学術文庫 橋本一夫 講談社【秋のスーパー読書2014】 発行年


楽天市場 by 幻の東京オリンピック [ 橋本一夫 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2014年01月11日頃
著者/編集: 橋本一夫
出版社: 講談社
サイズ: 文庫
ページ数: 284p
ISBNコード: 9784062922135

【内容情報】
関東大震災からの復興をアピールし、「皇紀二千六百年」を記念して構想された一九四〇年の東京オリンピックは、ヒトラーやムソリーニとの取引で招致に成功したものの、「満州国」参加の可否、天皇の開会宣言など問題は山積みだった。そして日中戦争が勃発、ついに返上を余儀なくされる。戦争と政治に翻弄された五輪の悲劇と、尽力した人々の苦悩を描く。

【目次】
第1章 オリンピックを東京にー市長永田秀次郎の夢
紀元二千六百年を記念して
腰の重い体育協会 ほか
第2章 招致実現に向けてーヒトラーも協力
ベルリン大会を前に
IOC会長の変心 ほか
第3章 戦火ただようなかでー問題山積の開催準備
難航した組織委員会の発足
テレビ中継をめざして ほか
第4章 オリンピックの火は消えたーついに大会を返上
雄大な聖火リレー計画
着工できない競技場 ほか

【著者情報】
橋本一夫(ハシモトカズオ)
1932年鳥取県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。元NHK記者。オリンピックを中心としたスポーツの取材、報道を担当し、現在、スポーツ史研究家

電子書籍





幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで【電子書籍】[ 橋本一夫 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
東京が招致しながら、自ら返上した1940年のオリンピック。「皇紀2600年記念」として構想されたこの


楽天市場 by 幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで【電子書籍】[ 橋本一夫 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント