「日本国最後の帰還兵深谷義治とその家族」 深谷義治著(集英社 1,944円税込)

「日本国最後の帰還兵深谷義治とその家族」 深谷義治著(集英社 1,944円税込)


画像


日本軍の敏腕スパイが体験した凄絶な戦争秘史。戦後の中国で潜伏13年。獄中に20年4ヵ月。過酷な拷問を不屈の精神で耐え抜く。本作の著者はその次男。一家の悲劇の全てを伝える執念のノンフィクション。

画像



日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族
集英社
深谷 敏雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日本国最後の帰還兵深谷義治とその家族 [ 深谷義治 ]
楽天ブックス
深谷義治 深谷敏雄 集英社発行年月:2014年12月15日 予約締切日:2014年12月11日 ペー


楽天市場 by 日本国最後の帰還兵深谷義治とその家族 [ 深谷義治 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2014年12月15日頃
著者/編集: 深谷義治, 深谷敏雄
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 444p
ISBNコード: 9784087815559

【内容情報】
第二次世界大戦時、中国戦線でスパイとして活躍した憲兵・深谷義治。敗戦後も極秘指令を受け上海に潜伏するも、中国当局によって逮捕。世界最悪といわれた上海市第一看守所で拷問、栄養失調、結核、左目失明…。時は文化大革命。一家も差別、逮捕、下放、極貧に苦しむ。不屈の精神で迫害を耐え抜き、1978年、一家で日本へ帰国。今、その次男が悲劇のすべてを伝える執念のノンフィクション。

【目次】
戦場
潜伏
地獄の日々
文化大革命
日中関係正常化
判決後
在上海日本総領事館設立後の日々
唐山の震災後
夜明け
帰国後の試練
真相と検証
奮闘記
五つの所感

【著者情報】
深谷敏雄(フカタニトシオ)
1948年、中国・上海生まれ。深谷義治氏の次男。1978年、一家で日本へ帰国。『日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族』が初めての著書になる。

電子書籍


日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族 (集英社学芸単行本)
集英社
2015-03-06
深谷敏雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族 (集英社学芸単行本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族-【電子書籍】
楽天Kobo電子書籍ストア
戦後70年を経て初めて明かされる、まだ終わらない“一家の悲劇”。第二次世界大戦時、中国戦線でスパイと


楽天市場 by 日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族-【電子書籍】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント