「土方歳三(上・下)」 富樫倫太郎著(KADOKAWA 各1,620円税込)

「土方歳三(上)」 富樫倫太郎著(KADOKAWA 1,620円税込)


画像


多摩に生まれ、乱暴者として周囲の手を焼かせながらも、歳三の胸には熱い思いが煮えたぎっていた。「強くなりたい」。近藤や沖田と出会い、運命は大きく動き出していく。「鬼の副長」になるまでの成長を描いた上巻。


土方歳三 (上)
KADOKAWA/角川書店
2015-04-01
富樫 倫太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 土方歳三 (上) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年03月30日頃
著者/編集: 富樫倫太郎
出版社: KADOKAWA
サイズ: 単行本
ページ数: 359p
ISBNコード: 9784041019825

【内容情報】
幕末の激動を駆け抜けた男の生き様を描いた歴史大作、成長編!日野の豪農の家に生まれながら、生来の負けん気の強さから周囲の手を焼かせていた土方歳三。ある日たまたま喧嘩の助太刀に入ったことで、勝五郎という少年と知り合う。これがのちの近藤勇との出会いであった。勇と話すうち、歳三はある決意を抱くー「強くなりたい。強くなって、必ず武士になってやる」。勇や沖田総司ら試衛館の仲間とともに過ごし、剣の腕を磨く毎日を送っていたが、京の治安を守る浪士組の結成を持ちかけられたことで歳三の運命は大きく動き出していく。働きを認められ「新選組」となった浪士組は、尊王攘夷派による大峰起計画の手がかりをつかみ、旅篭・池田屋に踏み込むがー!?歳三の少年時代から新選組の「鬼の副長」になるまでの成長の日々を、いきいきと色鮮やかに描き出した上巻。

【著者情報】
富樫倫太郎(トガシリンタロウ)
1961年、北海道生まれ。98年に『修羅の跫』(2003年、『地獄の佳き日』と改題)で第4回歴史群像大賞を受賞しデビュー


「土方歳三(下)」 富樫倫太郎著(KADOKAWA 1,620円税込)


画像


新選組の副長として恐るべき統率力を発揮した歳三だったが、新選組はやがて新時代の大きなうねりに飲み込まれていく。かつての仲間との別れ、戦いに次ぐ戦い、壮絶な最期。土方歳三の生き様を見事に書ききった下巻。


土方歳三 (下)
KADOKAWA/角川書店
2015-04-01
富樫 倫太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 土方歳三 (下) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



土方歳三(下) [ 富樫倫太郎 ]
楽天ブックス
富樫倫太郎 KADOKAWA発行年月:2015年03月30日 ページ数:358p サイズ:単行本 I


楽天市場 by 土方歳三(下) [ 富樫倫太郎 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年03月30日頃
著者/編集: 富樫倫太郎
出版社: KADOKAWA
サイズ: 単行本
ページ数: 358p
ISBNコード: 9784041019849

【内容情報】
幕末の激動を駆け抜けた男の生き様を描いた歴史大作、死闘編!池田屋事件によって一躍その名を馳せた新選組。土方歳三は副長として恐るべき統率力を発揮するが、組織のあり方をめぐって内部対立が生じはじめていた。いっぽう、倒幕派の勢いはますます激しさを増し、鳥羽・伏見の戦いで幕府軍が新政府軍に敗北を喫したことをきっかけに情勢はさらに傾いていく。かつての仲間との別れが次々と訪れるなか、ときに傷つき涙しながらもただひたすらに戦い続ける歳三。新政府軍に追われ、蝦夷地へと至った歳三は「常勝将軍」と言われるほどの活躍を見せる。だが、戦況は悪化の一途をたどり、ついに新政府軍による総攻撃の日を迎える。熱い思いを胸に、前だけを向いて生きた男が最期に見た景色とはー!新選組副長時代から箱館戦争での壮絶な最期まで、土方歳三の真の姿に魂震える下巻。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
富樫倫太郎(トガシリンタロウ)
1961年、北海道生まれ。98年に『修羅の跫』(2003年、『地獄の佳き日』と改題)で第4回歴史群像大賞を受賞しデビュー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント