「女王」連城三紀彦著(講談社 2,484円税込)

「女王」連城三紀彦著(講談社 2,484円税込)


画像


東京大空襲、関東大震災、南北朝時代、そして邪馬台国……
ある男の奇妙な記憶と、女の告白、ひとりの老人の不審死が
壮大な歴史の謎へと導く。

「序章を拝読したときに、どこへ連れて行かれるのだろうと驚いた」(田中芳樹)

戦後生まれの荻葉史郎の中にある東京大空襲の記憶。だが彼を診察した精神科医・瓜木は思い出す、空襲の最中にこの男と出会っていたことを。一方、史郎の祖父・祇介は旅先で遺体となって発見された。邪馬台国研究に生涯を捧げた古代史研究家の祖父は、なぜ吉野へ向かい、若狭で死んだのか? 瓜木は史郎と彼の妻・加奈子ととともに奇妙な記憶と不審な死の真相を探る旅へ。だが彼らに立ちはだかったのは、魏志倭人伝に秘められた邪馬台国の謎であった。

衝撃の展開、男女の情愛……
連城ミステリのすべてが織り込まれた傑作!
序章  5
一章  66
二章  290
三章  411
終章  518

解説 香山二三郎  526

特別収録<最後のインタビュー>
「男と女の物語」に魅せられた作家生活ーわが人生最高の10冊ー 連城三紀彦(構成・朝山実)  529

連城三紀彦さんのことについて 朝山実  533


女王
講談社
連城 三紀彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女王 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



女王 [ 連城三紀彦 ]
楽天ブックス
連城三紀彦 講談社発行年月:2014年10月29日 予約締切日:2014年10月28日 ページ数:5


楽天市場 by 女王 [ 連城三紀彦 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2014年10月29日頃
・著者/編集:連城三紀彦
・出版社:講談社
・サイズ:単行本
・ページ数:534p
・ISBNコード:9784062095648

【内容情報】
戦後生まれの荻葉史郎の中にある東京大空襲の記憶。だが彼を診察した精神科医・瓜木は思い出す、空襲の最中にこの男と出会っていたことを。一方、史郎の祖父・祇介は旅先で遺体となって発見された。邪馬台国研究に生涯を捧げた古代史研究家の祖父は、なぜ吉野へ向かい、若狭で死んだのか?瓜木は史郎と彼の妻・加奈子とともに奇妙な記憶と不審な死の真相を探る旅へ。だが彼らに立ちはだかったのは、魏志倭人伝に極められた邪馬台国の謎であった。衝撃の展開、男女の情愛…連城ミステリーのすべてが織り込まれた傑作!

【著者情報】
連城三紀彦(レンジョウミキヒコ)
1948年愛知県生まれ。1978年『変調二人羽織』で第3回幻影城新人賞に入選。1981年「戻り川心中」で第34回日本推理作家協会賞、1984年『宵待草夜情』で第5回吉川英治文学新人賞、同年『恋文』で第91回直木賞、1996年『隠れ菊』で第9回柴田錬三郎賞を受賞。2013年10月19日逝去

この記事へのコメント