「なぜ、スポーツ選手は不正に手を染めるのか」マイク・ローボトム著、岩井木綿子訳(エクスナレッジ)

「なぜ、スポーツ選手は不正に手を染めるのか アスリート不正列伝」マイク・ローボトム著、岩井木綿子訳(エクスナレッジ 1,944円税込)


画像


成功するための悪の代償、
金・クスリ・トリックを解き明かす迫真のルポ

ドーピングから八百長、道具への細工、国籍の変更、審判へのプレッシャー、
ロスタイムの引き伸ばし、言葉による攻撃まで。
どこまでがゲームのテクニックの範疇で、どこからが不正行為なのか?
より「汚い」スポーツとそうでないスポーツがあるのか?
観客である私たちに責任はないのか?

【本書で取り上げる「ファウル・プレイ」の数々】

「神の手」――マラドーナ、ティエリ・アンリ、ルイス・スアレス
スポーツ史上最大のスキャンダル――ランス・アームストロングの大落車
ターゲットは審判――イタリアとドイツサッカー界の大八百長スキャンダル
忠誠心のお値段は?――国籍変更の賛否
おもむろにゴール――いんちきマラソンの数々
世界レベルの「ダイバー」――ユルゲン・クリンスマン
相撲でも――琴光喜ほか10人の力士の野球賭博スキャンダル
不幸な結果――ジネディーヌ・ジダンを傷つけた言葉
マインドゲームが破たんすると――ウサイン・ボルトのフライング
アメとムチ――サー・アレックス・ファーガソンの比類なき「口撃」
コルク入りバットとキャンデー付きのボール――サミー・ソーサほか
試合前の戦い――オール・ブラックスの舞「ハカ」に対抗する
東ドイツの強制的ドーピング――「国家計画14・25」による多様な被害
ブラッドゲート――ラグビー界を震撼させた血のりスキャンダル
限界を超えたドライブ――ミハエル・シューマッハの禁じ手
「スポーツは危機に瀕している」――IOC会長ジャック・ロゲの危機感

【著者】
マイク・ローボトム/Mike Rowbottom
英国人スポーツライター。
『タイムズ』『ガーディアン』『オブザーバー』『インディペンデント』の
各紙でスポーツに関する記事を執筆。
そのキャリアは20年を超え、現在はインターネットのスポーツニュースサイト
『Inside the Games.biz』で特集記事の主席ライターを務める。
取材したオリンピックは夏季6回、冬季4回を数え、
サッカーをはじめとする多数の競技を担当する。
著書に『Usain Bolt: Fast as Lightning (ウサイン・ボルト・稲妻のように早く)』
がある。


なぜ、スポーツ選手は不正に手を染めるのか-アスリート不正列伝-
エクスナレッジ
マイク・ローボトム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by なぜ、スポーツ選手は不正に手を染めるのか-アスリート不正列伝- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



なぜ、スポーツ選手は不正に手を染めるのか [ マイク・ローボトム ]
楽天ブックス
アスリート不正列伝 マイク・ローボトム 岩井木綿子 エクスナレッジ発行年月:2014年07月 ページ


楽天市場 by なぜ、スポーツ選手は不正に手を染めるのか [ マイク・ローボトム ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2014年07月
・著者/編集:マイク・ローボトム, 岩井木綿子
・出版社:エクスナレッジ
・サイズ:単行本
・ページ数:391p
・ISBNコード:9784767818238

内容・概要
ベン・ジョンソン(陸上)、ディエゴ・マラドーナ(サッカー)、
ランス・アームストロング(自転車)、スカルク・バーガー(ラグビー)、
ミハエル・シューマッハ(F1)たちは
どんな違反行為を行ったのか

成功するための悪の代償、
カネ・クスリ・トリックを解き明かす迫真のルポ

■もくじ
第1章 ドーピング
第2章 カネ
第3章 状況に手を加えて操作する[基礎編]
第4章 状況に手を加えて操作する[上級編]
第5章 マインドゲーム
第6章 倫理の迷宮
第7章 「私たち」の力

【著者情報】
ローボトム,マイク(Rowbottom,Mike)
スポーツライター。『タイムズ』『ガーディアン』『オブザーバー』『インディペンデント』の各紙でスポーツに関する記事を執筆。そのキャリアは20年を超え、現在はインターネットのスポーツニュースサイト『インサイド・ザ・ゲームズ・ドットビズ』で特集記事の主席ライターを務めている

岩井木綿子(イワイユウコ)
英語ほんやく工房たてよこ屋幹事。筑波大学比較文化学類卒。第21回BABEL翻訳奨励賞英日部門(1)フィクション最優秀賞受賞

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック