「1969 新宿西口地下広場」大木晴子、 鈴木一誌編著(新宿書房 3,456円税込)

「1969 新宿西口地下広場」大木晴子、 鈴木一誌編著(新宿書房 3,456円税込)


画像



1969―新宿西口地下広場
新宿書房
大木 晴子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1969―新宿西口地下広場 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



1969 [ 大木晴子 ]
楽天ブックス
新宿西口地下広場 大木晴子 鈴木一誌 新宿書房発行年月:2014年06月 ページ数:255p サイズ


楽天市場 by 1969 [ 大木晴子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2014年06月
・著者/編集:大木晴子, 鈴木一誌
・出版社:新宿書房
・サイズ:単行本
・ページ数:255p
・ISBNコード:9784880084381
・注記:付属資料:DVD1

【内容情報】
新宿西口地下広場にフォークゲリラがいた。“若者の叛乱”から一九七〇年代へ。映画『地下広場』から徹底的に読み解く一九六九年という転回する時代。

【目次】
はじめに 地下の広場から見る一九六九年
一九六九年ー“場”をめぐる闘争
インタビュー フォークゲリラは終わらないー新宿西口地下広場とドキュメンタリー映画『地下広場』
『機動隊ブルース』の頃
フォークゲリラがいた
映画『’69春~秋 地下広場』採録シナリオ
しかし、歌声と討論は残ったー映画『地下広場』
反骨の映画監督・大内田圭弥
大内田圭弥主要監督作品目録
フォークゲリラは終わらない〔ほか〕

【著者情報】
大木晴子(オオキセイコ)
1948年秋、東京生まれ。高校卒業後、友人たちと「日野ベ平連」を作りデモに参加。1969年2月から新宿西口地下広場でフォークソングを歌いながらベトナム戦争反対の意思表示を始める。翌年、保育学校へ入学。卒業後、教会付属幼稚園で十数年間勤務。その後、家事専従。イラク戦争が始まった2003年の2月、再び新宿西口地下広場で毎土曜日に反戦の意思表示を始めた。

鈴木一誌(スズキヒトシ)
1950年生まれ。ブックデザイナー。映画・写真批評も手がける。81年、映画批評で第一回ダゲレオ出版評論賞受賞。雑誌『d/SIGN』を戸田ツトムとともに責任編集

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック