『完全版 野蛮人のテーブルマナー』佐藤優著(講談社 1080円税込)

『完全版 野蛮人のテーブルマナー』佐藤優著(講談社 1080円税込)


画像

発行年月日:2014/05/27
サイズ:新書判
ページ数:166
ISBN:978-4-06-218951-4
定価:本体 1,000円(税別)


内容紹介
インテリジェンスの技法を個人に応用すれば、情報収集や人脈構築、恋愛関係でライバルを出し抜ける!
新社会人必読のマナーブック

現代日本を生きるわれわれにこそ、「野蛮人」のヴァイタリティと智略が必要だ。スパイ活動を含む実際のインテリジェンスの技法を身につけた人をロシアでは「ラズベーチカ」といい、日本語に訳すと「野蛮人」となる。もともとは国家レベルの機能であるインテリジェンスの技法を個人に応用することで、情報収集や人脈構築、恋愛関係でもライバルを出し抜くことができるようになる、と著者は語る。
「野蛮人の技法」を身につけると、ビジネスパーソンでも学生でも、今持っている能力を2倍、3倍にすることができるのだ。
新社会人がどう実社会の混沌を生き抜いてゆくべきか、「知の巨人」にして諜報世界の第一人者、佐藤優が懇切丁寧に指南する新感覚のビジネス書である。

※本書は、2006年9月から、2008年9月まで、月刊『KING』に連載された「野蛮人のテーブルマナー」を、初めて完全なかたちでまとめたものです。

目次
第一章 野蛮人脈を作るテーブルマナー
 1 プロに無駄メシというものは存在しない
 2 不満分子を上手にくすぐる
 3 酒・賭博・セックスの使い方
 4 赤ワインには二つの顔がある
 5 ロシア流飲酒術をあなどるな
第二章 騙されずに情報をとる技法
 6 偽情報をつかまされないために
 7 安心できる裏取りの技術
 8 上手なカネの渡し方
 9 インテリジェンスの記憶術入門
 10 公開情報だけでも差はつけられる
 11 「信義則を守る人」の評価を得るために
 12 「つなぎ役」が運、不運の差を縮める
 13 健全な組織には「AV体質」が必要だ
 14 消耗しない6時間インプット読書術
第三章 危機からサバイバルする技法
 15 最低最悪の懲罰とは何か
 16 毒殺のテーブルマナーが警告するもの
 17 真の大物は、常に生命は危険
 18 危機に役立つ動物行動学
 19 余計な秘密は知らないでおく
 20 究極の生き残り術
第四章 仕事の終わらせ方
 21 憎まれないで嫌われる技法
 22 逃げ出すタイミングの見つけ方
 23 組織の生き残り本能に翻弄されないために


完全版 野蛮人のテーブルマナー
講談社
佐藤 優

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 完全版 野蛮人のテーブルマナー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



野蛮人のテーブルマナー [ 佐藤優 ]
楽天ブックス
完全版 佐藤優 講談社発行年月:2014年05月28日 ページ数:165p サイズ:単行本 ISBN


楽天市場 by 野蛮人のテーブルマナー [ 佐藤優 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2014年05月28日
・著者/編集:佐藤優
・出版社:講談社
・サイズ:単行本
・ページ数:165p
・ISBNコード:9784062189514

【内容情報】
「野蛮人の技法」を身につけると、ビジネスパーソンでも学生でも、今持っている能力を2倍、3倍にすることができる。「知の巨人」にして諜報世界の第一人者が懇切丁寧に指南する新感覚のビジネスマナー完全版!

【目次】
第1章 野蛮人脈を作るテーブルマナー
プロに無駄メシというものは存在しない
不満分子を上手にくすぐる
酒・賭博・セックスの使い方
赤ワインには二つの顔がある
ロシア流飲酒術をあなどるな
第2章 騙されずに情報をとる技法
偽情報をつかまされないために
安心できる裏取りの技術
上手なカネの渡し方
インテリジェンスの記憶術入門
公開情報だけでも差はつけられる
「信義則を守る人」の評価を得るために:「つなぎ役」が運、不運の差を縮める
健全な組織には「AV体質」が必要だ
消耗しない6時間インプット読書術
第3章 危機からサバイバルする技法
最低最悪の懲罰とは何か
毒殺のテーブルマナーが警告するもの
真の大物は、常に生命は危険
危機に役立つ動物行動学
余計な秘密は知らないでおく
究極の生き残り術
第4章 仕事の終わらせ方
憎まれないで嫌われる技法
逃げ出すタイミングの見つけ方
組織の生き残り本能に翻弄されないために

【著者情報】
佐藤優(サトウマサル)
1960年生まれ。元外務省主任分析官・作家。1985年外務省入省。在ロシア大使館、国際情報局分析第一課などで情報活動に従事し、「外務省のラスプーチン」の異名をとる。2002年5月に背任容疑で逮捕、2009年7月上告棄却され有罪確定。著書に『国家の罠』(毎日出版文化賞特別賞)、『自壊する帝国』(新潮ドキュメント賞・大宅壮一ノンフィクション賞)など多数

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック