「流星ひとつ」沢木耕太郎著(新潮社 1575円)…三十数年の時を越えて明かされた藤圭子の真実

「流星ひとつ」沢木耕太郎著(新潮社 1575円)

三十数年の時を越えて明かされた藤圭子の真実


画像


「何もなかった、あたしの頂上には何もなかった」--1979年秋。歌を捨てる決意をした美しき歌姫・藤圭子に、沢木耕太郎がインタヴューを試みた。その肉声は、聞き手と語り手の「会話」だけで紡がれる、まったく新しいノンフィクションに結実した。だがーー。一度は封印された作品が、33年の時を隔てていま、新たによみがえる。


流星ひとつ
新潮社
沢木 耕太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 流星ひとつ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



流星ひとつ [ 沢木耕太郎 ]
楽天ブックス
沢木耕太郎 新潮社発行年月:2013年10月 予約締切日:2013年10月09日 ページ数:323p


楽天市場 by 流星ひとつ [ 沢木耕太郎 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2013年10月
・著者/編集:沢木耕太郎
・出版社:新潮社
・サイズ:単行本
・ページ数:323p
・ISBNコード:9784103275169

【内容情報】
流星のように消え去った藤圭子の「真実」を描く奇跡のノンフィクション。

【目次】
一杯目の火酒
二杯目の火酒
三杯目の火酒
四杯目の火酒
五杯目の火酒
六杯目の火酒
七杯目の火酒
最後の火酒

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック