小野田滋さん、鉄道遺産の魅力を語る。 「東京鉄道遺産」小野田滋著(講談社 1050円)

小野田滋さん、鉄道遺産の魅力を語る「歴史的な実物を使い続けている」
★『東京鉄道遺産 「鉄道技術の歴史」をめぐる』(講談社 1050円)
ZAKZAK2013.07.21

連載:ブック

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130721/enn1307210734001-n1.htm
.
画像

小野田滋さん
.
 今年9月に創刊50周年を迎える講談社のブルーバックスシリーズ。科学・技術工学系の新書のタイトル数は1800点を超えた。近刊の中でも、1817番目の『東京鉄道遺産』は、早くも重版が掛かった人気の1冊。タモリが東京都内を散策するテレビ番組「ブラタモリ」(NHK)にも度々登場した著者、小野田滋さん(56)に話を聞いた。(文・写真 竹縄昌)


画像



東京鉄道遺産 (ブルーバックス)
講談社
小野田 滋

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京鉄道遺産 (ブルーバックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京鉄道遺産 [ 小野田滋 ]
楽天ブックス
「鉄道技術の歴史」をめぐる ブルーバックス 小野田滋 講談社発行年月:2013年05月21日 予約締


楽天市場 by 東京鉄道遺産 [ 小野田滋 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 ──実は小野田さんは記者の大学の先輩。まさかあの番組で近況を知るとは

 「最初は資料の照会だけだったのですが、会っているうちに、出演してもらった方が早いという話になりました」

 ──鉄道遺産の調査を始められたきっかけは

 「国鉄入社すぐは工事関係の部署にいて、3年目ぐらいに鉄道技術研究所(当時)に行きました。その後、JR西日本に出向したとき、トンネルや橋などのメンテナンスをやっていたんです。現場で気がついたのですが、自分たちの一つ前の世代ぐらいの人が作ったものは話などを聞いて分かっているんですが、明治、大正、昭和初期などの古い構造物はほとんど知られていないのです。レンガのトンネルのレンガをどうやって積むのかを知るには、いろいろ文献や記録を調べます。それが謎解きのように面白くなっていきました。模型やCGじゃなく、本物がそこにあるわけですから」

 ──出版のきっかけは

 「鉄道誌の『鉄道ファン』(交友社)に2006年から連載をしていた記事が基です。鉄道は東京から始まったので、東京には明治、大正、昭和の構造物が残っています。昨年、ブルーバックスで私が所属している土木学会の編著で『日本の土木遺産』を出版したとき、編集の方から『鉄道で何かできませんか?』という話になって、連載と他の文献に書き下ろしを加えてまとめることになりました。土木遺産もそうですが、一人でも多くの方に、遺産の価値を知って欲しいと思いました」

 ──遺産の魅力は

 「歴史的な実物が残っていて、それを今も使い続けているところがすごいし、先輩技術者へのリスペクトもありますね」

 ──今後は

 「全国に“ネタ”が散らばっていますので、次は関西、その次はどこそこと順番に紹介したいですね。記録を残さないと誰も知らないままになってしまいますから」

 ──まさにライフワークですね

 「結局、そうなっちゃいましたね。今の新しい鉄道も年を重ねて鉄道遺産になっていくのだと思います」

 ■あらすじ 東京都内の駅、トンネル、高架橋などの鉄道遺産を一堂に紹介。復原された新橋駅や一部復元の東京駅を皮切りに、ターミナルデパートや上野駅の歴史が克明に語られる。

 JR、東京メトロの御茶ノ水駅が、モダニズム建築家、ル・コルビュジェの薫陶を受けた日本人によるデザインであることに感心し、一方で都会にも廃線が数多くあることにも驚く。鉄道遺産建設当時を描いた文学作品も渉猟し、考察は幅が広い。

 現存する最古の高架線は1909年(明治42年)に開業した浜松町から大手町付近まで約4キロの新永間市街線で、一読すれば、ガード下の飲み屋のアーチ型の屋根の歴史の重みを知る。通勤の風景が変わる一冊である。

 ■小野田滋(おのだ・しげる) 1957年、愛知県生まれ。79年、日大文理学部応用地学科(現地球システム科学科)卒業後、国鉄入社。鉄道技術研究所(当時)などを経て、87年のJR発足後は鉄道総合技術研究所勤務。JR西日本、海外技術協力協会に出向。現在、同研究所情報管理部担当部長 工学博士(東京大学)。土木学会フェロー。

 著書に『高架鉄道と東京駅(上下巻)』(交通新聞社)『鉄道と煉瓦』(鹿島出版会)など。








鉄道と煉瓦―その歴史とデザイン (景観学研究叢書)
鹿島出版会
小野田 滋

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鉄道と煉瓦―その歴史とデザイン (景観学研究叢書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック