気になる新刊.com

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週末見るべき映画 2012年度アカデミー賞5部門ノミネート『ドラゴン・タトゥーの女』

<<   作成日時 : 2012/02/19 08:46   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今週末見るべき映画『ドラゴン・タトゥーの女』
2012年度アカデミー賞5部門ノミネート。少女失踪の真相と連続殺人事件との関わり、富豪一族のおぞましい過去を解き明かしていく、ミステリー作品。
[二井康雄,エキサイトイズム]
ExciteNews2012年02月16日 12時08分
http://bizmakoto.jp/style/articles/1202/16/news041.html

 スウェーデンのジャーナリスト、スティーグ・ラーソンの書いた小説「ミレニアム」三部作は、雄大なスケールのミステリーだ。日本でも、文庫本(ヘレンハルメ美穂 岩澤雅利訳・ハヤカワ文庫)で1から3まで、各上下巻、計6冊が刊行されている。

 ジャーナリストとして、人種差別や極右思想の反対運動に関わったキャリアのあるラーソンの「ミレニアム」三部作は、単なるミステリーではない。政治や経済の在りよう、弱者である女性への偏見や差別、ナチによるユダヤ排斥、裁判や後見人をめぐる法体制、旧ソ連からのスパイ問題絡みの国家機密など、スウェーデン社会の現実を垣間見せる。

 登場人物はことごとく個性豊かなのに、ほとんど、スーパーマン的な人物は登場せず、役人を始め、市井の人たちを等身大で描く。俗物まで含めて、まことに人臭く、リアルである。そこに、企業犯罪、失踪事件、女性虐待、連続殺人、暗号解読、スパイ事件、国家機密といった、ミステリーの定番が絡んでくる。

 これだけの原作である。映画にしない手はない。スウェーデンでは、三部作とも、すでに映画化された。映画は、原作どおりとはいえないが、原作の骨格をうまく生かした作りで、十分に楽しめた。


画像


 さっそく、アメリカでリメイクされたのが「ミレニアム」第一部の「ドラゴン・タトゥーの女」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給)で、展開はほぼ原作どおり。英語で話されるが、舞台は原作と同じストックホルムである。監督はデヴィッド・フィンチャー。

 2012年のアカデミー賞は、11部門にノミネートされたマーティン・スコセッシ監督の「ヒューゴの不思議な発明」と、10部門にノミネートされたミシェル・アザナヴィシウス監督の「アーティスト」の一騎打ち、との下馬評である。両作とも映画の愛に満ちた傑作である。

 「ドラゴン・タトゥーの女」は、ルーニー・マーラが主演女優賞、その他、音響編集賞、録音賞、撮影賞、編集賞の5部門にノミネートを果たしている。2時間38分の長尺だが、そこはデヴィッド・フィンチャー監督。スピード感たっぷりの鮮やかな展開、演出で、一気に見せてしまう。

 ラーソンと同様、ジャーナリスト出身の作家トマス・ハリスの「ブラック・サンデー」、「羊たちの沈黙」、「ハンニバル」などの映画化も面白かったが、いったいに、原作の面白さに比べて、映画ではいまひとつという例は多い。本作は、原作の持つ規模の雄大さはともかく、映画としては一級品、上々の仕上がりである。

 2009年からのスウェーデンでの映画化では、三作とも、主人公のジャーナリスト、ミカエルにはマイケル・ニクヴィスト、ミカエルに協力する調査員で、天才ハッカーのリスベット役にノウミ・ラパスが扮した。このノウミ・ラパスが、原作のイメージをうまく体現して評判だが、リメイクでのルーニー・マーラもまた、いい。スカーレット・ヨハンソン、ナタリー・ポートマンらが望んだ役どころを射止めただけあって、見事な芝居を見せる。

 スウェーデンの富豪一族の少女ハリエットが失踪する。40年後、一族の実力者の依頼を受けて調査に乗り出すミカエルとリスベットは、失踪の真相と連続殺人事件との関わり、富豪一族のおぞましい過去を解き明かしていく。もちろん、複雑な構造、仕掛けを持つミステリーだが、離婚歴もあり、もはや中年のミカエルと、幼い頃から不幸な過去を持つリスベットの、切ないけれど心寄せ合う、美しいラブ・ストーリーでもある。


画像


 見どころはたっぷり。リスベットは、後見人の弁護士にレイプされるが、そのリベンジを果たすシーンは痛快。サスペンスが盛り上がるのが、ハリエットの残した日記の一節が出てくるシーンだ。

 日記には「Magda−32016 Sara−32109・・・」(原作の表記)とある。ミカエルは娘のささいな一言から、旧約聖書のレビ記であることに気付く。原作では、「(マグダ) レビ記二十章十六節 “女が獣に近づきこれと交わるならば、その女と獣を殺さなければならない。必ず死刑に処すべきである。その血は彼ら自身に降りかかるであろう”」とある。旧約聖書のモーセ五書の第三書にあたるのがレビ記で、いずれも律法の刑罰を定めた部分だ。

 やがて、ミカエルとリスベットは、レビ記の引用が、スウェーデンで起こった連続殺人事件に関係のあることを突き止める。なぜ、ハリエットは、こう書き残したのかを。

 バイクを乗り回し、コンピュータを駆使しての調査を続けるリスベットは、溶け込めなかった社会に適応をみせ始め、少しずつだが心を開いていく。

 ミカエルは、丹念に資料を検討し、きちんと調査、取材を続けるジャーナリストだ。リスベットの調査能力と相まって、やがて、依頼された事件の解明に近づくが、身の危険も迫ってくる。

 もう、映画としての面白さをたっぷり詰め込んだ展開だ。


画像


 原作の「ミレニアム」は、ラーソンのデビュー作にして遺作。出版を前にして、ラーソンは心筋梗塞で急逝する。三部作は出版後、世界中で翻訳され、6500万部もの大ベストセラーになる。ラーソンは、生前のインタビューで、スウェーデン通信社に勤めていたころに書いた推理小説のコラムについて話している。コラムで取り上げた作家は、サラ・パレッキー、ヴァル・マクダーミド、エリザベス・ジョージ、ミネット・ウォルターズ。すべて女性作家である。また、こういった推理小説は、人物の属する社会の外の描写に欠けている、と答えている。

 原作の第1部上巻の巻頭に「スウェーデンでは女性の18パーセントが男に脅迫された経験を持つ」とある。下巻では「スウェーデンでは女性の13パーセントが、性的パートナー以外の人物から深刻な性的暴行を受けた経験を有する」となっている。

 ブレのないラーソンの視点が読みとれる。

 当初、「ミレニアム」は、原作の解説によれば、十部作の予定だったらしい。ラーソンは、第四部を書き始めたところでの急逝であった。第二部「火と戯れる女」では、リスベットの生い立ちの秘密が明かされ、第三部の「眠れる女と狂卓の騎士」では、国家の機密情報が関わってくる。当然、さらにスケールが大きくなり、多くの謎が続出する展開となる。

 ソニー・ピクチャーズの発表では、第二部、第三部のリメイクを決定したという。監督がデヴィッド・フィンチャーかどうかは、いまのところ未定のようだが。

 冬のストックホルム。ミカエル・プルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)は、ジャーナリストで、オピニオン雑誌「ミレニアム」の発行責任者の1人だ。ミカエルは、経済界の大物、ハンス=エリック・ヴェンネルストレムの6000万クローネ(約7億2千万円)にもなる公金横領や、政界との癒着などの悪事を暴いた記事を執筆、名誉毀損で訴えられる。判決は有罪、ミカエルは15万クローネ(約180万円)の賠償金を支払うこととなる。


画像


 ミカエルは、「ミレニアム」の共同の発行責任者で編集長、エリカ・ベルジェ(ロビン・ライト)に迷惑をかけることを考慮して、しばらく休暇をとる。

 同じころ、スウェーデンのかつての経済界の大物で、老いたとはいえ、富豪のヘンリック・ヴァンゲル(クリストファー・プラマー)が、ミカエルの身辺調査をセキュリティ会社に依頼する。調査を担当したのは、リスベット・サランデル(ルーニー・マーラ)というまだ若い女性だ。鼻や耳にピアスを付け、短く刈った髪、黒ずくめのパンクファッションに、小柄な身を包む。背中には一面、あざやかなドラゴンのタトゥーを彫っている。無口で無表情、眼光鋭く、一見、調査員とは思えないが、その能力は超一流。得意のハッキングを駆使して、見事なレポートをまとめあげる。

 ミカエルの許に、ヘンリックの弁護士から連絡が入る。ミカエルは、ヘンリックの住むヘーデスタ島に向かう。ヘンリックは、ミカエルに、ヴァンゲル一族の過去を語る。

 40年前、ヘンリックの甥の娘にあたる16歳のハリエットが失踪した。ヘンリックは言う。「利己的で酷い連中ばかりの一族だが、ハリエットだけはまとも、いちばん可愛がっていた」と。

 以来、毎年、ヘンリックの誕生日に、ハリエットの名前で、額に入った押し花が送られてくる。ヘンリックは、一族の誰かがハリエットを殺害し、ハリエットに成り代わって、押し花を送りつけているのではないか、とミカエルに自らの推理を語る。表向きはヘンリックの評伝を執筆することだが、実は、事件の真相を調査してほしいというのが、ヘンリックの依頼であった。多額の報酬である。裁判敗訴の賠償金もさることながら、ヘンリックは、かつての部下だったヴェンネルストレムの秘密を教えてもいいとの条件に、ミカエルは調査を引き受ける。ヴァンゲル一族の資料を整理しながら、ミカエルの調査、取材が進む。一族のさまざまな過去が明らかになっていく。ヘンリックの話したとおり、酷い一族のようである。

 ヘンリックの兄のリカルドとハラルドは、ユダヤ人を迫害し続けるネオナチであった。リカルドの息子ゴッドフリードは酔っぱらって溺死、その娘がハリエットである。ハリエットの兄マルティンともども、母親から見捨てられ、ヘンリックが兄妹の面倒をみていた。マルティンは今、ヴァンゲル・グループの会長である。妻を亡くしたハラルドは、まだ存命で、ヘーデスタ島に住んでいる。長女セシリアとは口も聞かず、次女のアニタは、ロンドンに行ったきり、一度も島には帰っていない。

 ミカエルは、残されたハリエットの写真などから、取材、調査を続けている。ふと、ハリエットの日記に記された不思議な記述を見つける。「Magda−32016 Sala−32109 RJ−30112 RL−32027 Mari−32018」(原作の表記)。

 途方にくれるミカエルにヒントを与えてくれたのは、ミカエルの娘ペニラだ。ミカエルは妻と離婚している。たまたまペニラが、ヘンリックの用意したコテージに父親を訪ねた時だった。壁に貼られたメモを見て、ペニラは、聖書からの引用とほのめかす。しかし、それ以上、この暗号のような引用を解明するには至らない。

 リスベットは、幼い頃からの問題児で、精神病院に入っていたこともあって、いまなお後見人の保護下に置かれている。脳溢血で倒れた後見人の代わりに、ビュルマンという弁護士が新しい後見人になる。これが、酷い後見人で、報告書に書く内容や、生活費を払う見返りに、リスベットに性的な奉仕を迫る。

 リスベットは、ビュルマンにレイプされる様子を隠しカメラで撮影、逆にビュルマンを脅し、その腹に「私はサディストの豚、レイプ犯です」とタトゥーを彫りつける。

 調査能力を買われたリスベットは、ヘンリックの手配で、ミカエルのアシスタントになる。リスベットは、ミカエルに協力し、ハリエットの残した旧約聖書の引用から、スウェーデンで起きた未解決の連続殺人事件と関係のあることを突き止める。


画像


 さらに多くの調査、取材、推理が続く。やがて、ヴァンゲル一族の秘められた謎と、ハリエットの残した写真や、聖書の暗号解読から、真相が解明されようとするが。

2月10日(金)TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー


ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
早川書房
スティーグ・ラーソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下
早川書房
スティーグ・ラーソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
早川書房
スティーグ・ラーソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
早川書房
スティーグ・ラーソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週末見るべき映画 2012年度アカデミー賞5部門ノミネート『ドラゴン・タトゥーの女』  気になる新刊.com/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる