「僕は君たちに武器を配りたい」瀧本哲史著(講談社 1800円)  「投資家的な生き方」のすすめ

「僕は君たちに武器を配りたい」瀧本哲史著(講談社 1800円)
【書籍・書評】
日刊ゲンダイ2011年11月1日 掲載http://gendai.net/articles/view/book/133499

<「投資家的な生き方」のすすめ>


画像



僕は君たちに武器を配りたい
楽天ブックス
瀧本哲史 講談社発行年月:2011年09月 ページ数:293p サイズ:単行本 ISBN:97840


楽天市場 by 僕は君たちに武器を配りたい の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 日本の経済は冷え切っており、いまだ回復のきざしは見えない。現に、大手企業の有効求人倍率は0.5倍前後を推移し、高学歴のワーキングプアが生まれている。このように先の見えない時代を生き延びるには、正規軍の戦い方ではなく、臨機応変に戦術を変える「ゲリラ」の戦い方が必要だ。

 本書は、京都大学で「起業論」を講義する傍ら、投資家としても活躍する著者が、若者が先の見えない世界でサバイバルするために必要な知的武器を授けようというもの。

 全企業がグローバル化し、世界中がネットワークでつながった「本物の資本主義」時代にあっては、あらゆるものが買い叩かれる「コモディティー市場」が形成され、従来のようなものづくりを基盤とした産業は通用しない。今後有効なのは、世のトレンドとサイクルを見極める「投資家的な生き方」である、と。現状の経済分析と自らの投資戦術を元に説かれる、実践的起業論。

「僕は君たちに武器を配りたい」瀧本哲史著(講談社 1,890円)


僕は君たちに武器を配りたい
講談社
瀧本 哲史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 僕は君たちに武器を配りたい の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品情報
・発売日: 2011年09月
・サイズ: 単行本
・ページ数: 293p
・ISBNコード: 9784062170666

【内容情報】
これから社会に旅立つ、あるいは旅立ったばかりの若者が、非情で残酷な日本社会を生き抜くための、「ゲリラ戦」のすすめである。20代が生き残るための思考法。

【目次】
第1章 勉強できてもコモディティ
第2章 「本物の資本主義」が日本にやってきた
第3章 学校では教えてくれない資本主義の現在
第4章 日本人で生き残る4つのタイプと、生き残れない2つのタイプ
第5章 企業の浮沈のカギを握る「マーケター」という働き方
第6章 イノベーター=起業家を目指せ
第7章 本当はクレイジーなリーダーたち
第8章 投資家として生きる本当の意味
第9章 ゲリラ戦のはじまり

【著者情報】
瀧本哲史(タキモトテツフミ)
京都大学産官学連携本部イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門客員准教授。エンジェル投資家。東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科助手を経て、マッキンゼー&カンパニーにて、主にエレクトロニクス業界のコンサルティングに従事。内外の半導体、通信、エレクトロニクスメーカーの新規事業立ち上げ、投資プログラムの策定を行う。独立後は、企業再生やエンジェル投資家としての活動をしながら、京都大学で教育、研究、産官学連携活動を行っている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック